「オトメン(乙男)」7話・・ガラスの乙面

日本ドラマ comments(0) trackbacks(0) オリオン
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
「オトメン(乙男)」

7話ストーリー・・・本屋で少女マンガ「らぶちっく」を読み、胸をときめかせる正宗飛鳥(岡田将生)。「らぶちっく」の作者でありながら正体を隠している橘充太(佐野和真)は、美術の授業で無意識に「らぶちっく」のイラストを書いて飛鳥に見られてしまうが、とっさにファンだからだとごまかした。
 そんな中、「らぶちっく」が黒泉社漫画大賞に選ばれた。大賞受賞者が授賞式に欠席するわけにもいかず、充太は久利子(武井咲)に幸花ジュエルになりすますように提案する。同じ頃、多武峰一(木村了)は剣道部部室に飛鳥が置いていった「らぶちっく」を手にしていた。

 黒泉社では、少女漫画界のカリスマ・城之内ミラが漫画大賞のプレゼンターを依頼されていた。実は、ミラは飛鳥の父・主水乃介(鶴見辰吾)だった。受賞作「らぶちっく」の作者が高校生男子で正体を隠していると聞いた主水乃介は依頼を受けることにする。

 漫画大賞授賞式。招待券を抽選で当てて会場に来ていた飛鳥と都塚りょう(夏帆)と会った充太は出版社勤務の叔父に入れてもらったとウソをつく。一方、控え室で待機していた久利子の元に黒川樹虎(市川知宏)がファンからの花を届けに来た。久利子がジュエルと誤解させたまま口外しないようにお願いする久利子に、樹虎は了承しながらも読者は正直であることを求めているのではないかと話す。樹虎の言葉に思いをめぐらす久利子。

 会場では充太が幼い頃から憧れていた城之内ミラと会えた興奮のあまり自分が漫画家になろうと決めたきっかけがミラであったことを熱く語る。充太の言葉を聞 きつけ驚く飛鳥。慌てる充太だが、飛鳥は漫画家志望と勘違いしたようだ。ホッとしたのも束の間、すぐに携帯に久利子から代理を断るメールが届いた。控え室 で頭を抱える充太。するとそこへミラがやってきて、少女漫画家は自らの作品にふさわしい作品に相応しいキャラクターであるべきと考えるなら、やるべきこと は1つだとアドバイスをおくる。その言葉を聞いた充太は、すっかり「らぶちっく」にハマって本屋で続きを読んでいた多武峰を呼び出す。

 間もなく授賞式が始まろうとする頃、飛鳥は会場でミラと対面し、父親とは知らずにサインを求めた。飛鳥が息子であると気付いたミラは色紙に「正直であってほしい」と言葉を残した。 授賞式が始まった。幸花ジュエルとして登場したのは多武峰のメイクによって女性に変装した充太だった。スピーチに充太の面影を感じ取ったりょうの言葉を聞き飛鳥が振り向くと、ジュエルは微笑んでいて…。

フジテレビHPより--


鳥とりょうをモデルにした漫画本「らぶちっく」の作者が橘だということは、最初からわかってましたが・・・

飛鳥とりょうは、本を読んでいても自分たちの事だとは気づいてないのは、おかしいよね〜(笑)
まあ、そこがドラマなんですけど・・・(^^ゞ

「らぶちっく」の表紙は、しっかりと「オトメン(乙男)」のイラストでしたね。
タイトルと作者を変えてあるだけでした〜


とうとう、飛鳥の父・主水乃介が出てきましたね。
父としてではなく、少女漫画家のカリスマ・城之内ミラとしてですけど・・・

鶴見辰吾さん、いろいろな役をこなしますね〜〜

ドラマの最後に、ジュエルが橘じゃないかということに気づいたりょう。
さて、正体がバレてしまうのでしょうか・・・
次回が楽しみですよ。




にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ


TREview
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ブックオフオンライン



評価:
柴咲コウ,鴇沢直,市川淳,華原大輔,鈴木“DAICHI”秀行
NAYUTAWAVE RECORDS
¥ 1,337
(2009-09-16)
Amazonランキング: 54位

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM